「舎」という字のこと

「あらか」(「ありか」を意味)と読んで「御殿」とか「宮殿」という豪華な意味があるみたい。意外。
でも、「舎屋」と書いて「やかす」と読むと、「いえ。家屋。」の意味になって庶民的にもつかえそう。
どちらにしても、「すみかの建物」を意味する。

半月のすみか。

井伊直弼さんが、若い頃にお勉強のために籠られていたお屋敷を
「埋木舎」(うもれぎのや)
というのだそう。むむむ、これは縁を感じずにはいられない。

U

開店妄想2

電気のかさはこれ。その名もhoroです。

U

開店妄想1

鉄の脚のテーブルに想いをはせる今日この頃。西荻窪の無相創(ぶあいそう)さんという小道具屋さんのこれがすごく気になっている。かわいいなあ。ほしいなあ。でも、もうすぐ夏だというのにアラジンのストーブを買って、夫にいぶかしがられたばかりなので、現在待機状態。そういえば、白州次郎の家もぶあいそうって名前で公開されていたよね。次郎さま☆

半月舎のブログをはじめました

半月舎のブログをはじめました

U