12月半月晩

17日の夜は半月晩でした。当店の顧問であるyukoさんをはじめ、
半月舎では顔なじみのみなさんとまったりとした時間をすごしました。

チーズフォンデュは、うろ覚えのレシピで調理開始。
「米原駅でひかりを抜いていくのぞみのようにチーズがやってくる」
というかえるさんの神がかり的なたとえが飛び出すほど、
ドラマティックに変化していく味。最後までおいしく、楽しくいただきました。
女性にやさいいショウガ入り白ホットワインと一緒に。

その後、「ペーパームーン」の上映。
テイタム・オニールの愛らしい演技に釘付け。
シンプルなストーリーと白黒画面が非常に合っていて、あたたかみを感じました。

個人的には、
「本当に私のパパじゃないの?」と何度もアディがモーゼに尋ねる
ところに、非常にキュンとしました。
演じている二人が本当の親子だと知ってなおさら。

半月舎の夜更けは厳しく底冷えするので、
お越しの皆さんには寒い思いをさせてしまいました…反省

でも、半月舎には映画が合う!
またやりたいと思います。

U

ペーパームーン

あしたは、19時くらいから半月舎映画同好会による半月晩をおこないます。

半月晩|映画の夕べ

「ペーパームーン」with チーズフォンデュandホットワイン

※フォンデュされるもの1種の持ち込みを歓迎致します

※会費は500円です

どなたでも参加できますので、ふらっとどうぞ。
今日はちょっとだけ雪がふりました。

U

えびす講&アペリティーボ

11月の半月舎はイベントもりだくさん。「ヨーロッパの日曜日」に続いて、18日〜20日は彦根えびす講で出張販売させていただきました。半月舎が参加させていただいたのは、「銀座芝居小屋」。おとなりに初恋レコードさんも出店、イベントとしてライブ、落語、レコード寄席がおこなわれ、レトロな場所でした。20日(日)だけ店番とお手伝いをさせていただきましたが、濃い一日を過ごさせていただきました。たくさんの方に本を見ていただけたのがうれしかったし、イベントでは「赤紫ギャングス」さんのトークとパフォーマンスがとても楽しくて、ファンになりました。

翌日の21日には、「すみさんのアペリティーボ第2夜」がありました。今回も、たくさんのかたが”いっぱいひっかけ”にきてくださいました。かえるさんが「日本地理風俗体系」(表紙は赤くてごつい。金の箔押しでタイトルと模様。)を小脇にかかえながらお話しているところがとてもステキでした。

看板犬の名前が「豆太郎」に決定。半月舎にまた現れるかもです。
2ヶ月のつぶらなひとみにみんなメロメロ。

すみさんのお住まい「セリバシ」のブログにも このように 載せてもらいました。なんと、来月はロータスでも行われるそう!楽しみですね。

U

ヨーロッパの日曜日開催中


明後日火曜日まで、「ヨーロッパの日曜日」で、
ウモレボン市開催中です。
ヨーロッパな雰囲気なので、ワサンボンはひっそりしています。

11月半月晩のおしらせ


【11月半月晩のおしらせ】
すみさんのアペリティーボ 第2夜

仕事を終えて、まず一杯(ひといき)。楽しい夕食へ向う準備…そんなイタリアだけのステキな習慣”アペリティーボ”をあなたへ。ご好評におこたえして、今月も半月舎バールが出現します。
※都合により日程変更しました。ご了承くださいませ。

とき:11月21日(月)19:00くらいから
ところ:半月舎カウンター付近
会費:ワンドリンク+軽食で800円の予定
定員:20
名くらい

※予約はいりません。ふらっとお立ち寄りください。
※前回きばりすぎたので、より軽食に近くなります。

【アペリティーボを予習】
aperitivo:もともとはアペリティフ(食前酒)のイタリア語。本格的な食事の前の腹ごしらえとして、軽めのカクテルやワインを片手に、軽食をつまみ、友達と会話を楽しむ文化的な意味を持つ言葉となった。ミラノから始まり、イタリア中に広まっていったといわれている。平日は夕方5時頃から、週末は午前11時くらいから町中のBARでアペリティーヴォが楽しめる。

皆様のお越しをお待ちしております!

10月の半月晩「すみさんのアペリティーボ」

昨日は「すみさんのアペリティーボ」として、一日限定半月舎バールを開きました。
予約制で、お知らせも直前だったけれど、15人くらいの方に来ていただき盛り上がりました。
そのうち、飛び入りで参加してくださった方もいて、とてもうれしかったです。
上の写真の人が「すみさん」。男前なねえさんです。すでに、ファンがついた模様。

準備の様子。シュウカツ帰りの後輩くんと、舎員Yさんがおてつだいしてくれました。
いつも、ありがとう!

会費1000円で1ドリンク付きにしては豪華すぎる料理。すみさんいわく、「きばりすぎた」とのこと。
しそとツナと柴漬けのディップのせブルススケッタがめちゃくちゃおいしかった。
スナック類、手作り薫製と、ピクルス。スペインの料理だけど、パエリアも後ほど登場。
差し入れにパンやお菓子もいただいて、ありがとうございました。

ステキな出会いがたくさん生まれて、ほんとうにいい時間でした。
「アペリティーボ」は日本人にもあう習慣かもしれません。

おまけ

パエリアにインされるまえのパプリカたち

今日はゆるキャラまつりが行われていますが、
半月舎はいつもと変わらず営業中です。ちょっと気になるけど…
明日は、お休みです。

1015スゴシハウス出張

13時にお店をたたんで、スゴシハウスのライブに参加しました。スゴシハウスはなにを隠そう、舎員Mの住まいで、ほかにもゆかいな3人の女子が同居しています。いわゆる、シェアハウス。
びわ湖のほとりの集落にあり、プライベートびわ湖もあるとってもステキなロケーション。これまでも何度かライブやイベントが行われている、隠れ家的な場所です。
本日の出演者は、福西悟一さん(ギター弾き語り)、ういろうさん(歌とダンス)、ポーの一族さん(2人組で歌)。
福西さんは、してやったりな歌詞ときれいなメロディーの曲を、頼りなげなトークでつなぐところが大変良い感じでした。くもり空のアンニュイさにあっていました。
ういろうさんは、とても斬新!二人の貴族が、北欧のようなスゴシプライベートびわ湖で踊ったり朗読したりする様子に釘付けになってしまいました。あまりにも、ツボなので、いつか半月舎にも来ていただきたいと思っています。
ポーの一族さんは、ウモレボン一に続いて2回目ですが、相変わらずなんともいえない心地よい昭和の世界を今回も旅することができました。

こうやって、たっぷりライブを楽しでいるだけのような感じですが、途中のおやつの時間には、焼き芋を食べながら、ばっちり半月舎の宣伝をしてきました。
いろいろな方と出会うのは本当に楽しので、今後もいろいろなところに出張してきたいです。

10月15日は、スゴシハウスに出張します

今日は、満月ですね。おぼろです。

10月15日(土)の午後は、クラブスゴシハウスで行われるライブに、出張開店します。
ですので、13時ころ、京町のお店は店じまいします。

ライブと出張開店にご興味ある方は、
以下ご覧くださいませ。

 ↓ ↓ ↓

【ライブ詳細】
日時:10月15日(土曜日)15:00〜
出演:ポーの一族
   福西悟一
   ダンスユニット「ういろう」
※どんな世界がくり広がるのか。わくわく。
場所:スゴシハウス
スゴシハウスHP→http://sugoshi2.exblog.jp/16676489/
申込:sugohihouse@gmail.com
料金:おかし付き1,000円

ウモレボン市のこと

8/21(日)にスミス記念堂にて、半月舎のプレイベントでもある一箱古本市「ひこねウモレボン市」を開催しました。

地元を中心にたくさんの方が足を運んでくださり、感無量でした!「みどりいろ」の上映、ポーの一族ライブもあり、もりだくさんの一日のようすはこちら⇒ウモレボンブログから。
U

ひょっこり

昨日の事。MEGUMIというゴージャスな船に乗って琵琶湖を一周してきました。
風がなく、天気もよく、絶好の日でした。
竹生島はひょっこりひょうたん島みたい。

U