ごあいさつ

半月舎のことしの営業は本日までとなります。
1年大変お世話になり、ありがとうございました。

みなさまどうぞよいお年をお迎え下さい。

新年は4日より営業いたします。

舎員U.M

 

コメントをどうぞ

明日18日は半月ワインバー〔教科書特集〕

明日18日は半月ワインバー。
今回は〔教科書特集〕です。
彦根市内の高校生が使っている現代文の教科書を仕入れてみました。

高校生の頃は好きになれなかった教科書ですが、今見るとずいぶん楽しそう。
それはこちらが年をとったからなのか、それとも教科書自体が変わってきているのか。それは定かでありませんが、村上春樹、原研哉、長田弘、四方田犬彦、大竹伸朗、川上弘美やら、そしてもちろん夏目漱石、森鷗外、三島由紀夫、魯迅、小林秀雄、などなどの大御所の名まえが連なる目次を見ていると、教科書というジャンルの雑誌を見ているような感覚になるのです。

副読本に便覧もご用意しましたので、参考にどうぞ。同じ作家に関する記述をくらべるなど、副読本読み比べもなかなかオツです。

ワインはもちろん、フードメニューのテーマは「給食」というThreee三浦さんと相談中ですのでお楽しみに。ソフトドリンクもありますので、現役高校生もぜひどうぞ。現役学校の先生のお越しもお待ちしております。

- – -

4月の半月ワインバー
-school books and hangetsu wine bar-
18日(火)18:00〜22:00
於:半月舎(彦根市中央町2-29)
料金はキャッシュオン形式であります。

かえる目ライブありがとうございました

4月2日日曜日、ダンスホール紅花で開かれた「かえる目の切符拝見inひこね」ぶじ終演いたしました。年度替わりの谷間の忙しい時期にもかかわらずお運びくださった皆さま、お手伝いいただいた皆さま、すばらしいDJ福西悟一くん、おいしいコーヒーで出店してくださったセブン社さん、そして4日間旅しながら毎日ライブというお疲れのところ最高のライブをしてくださったかえる目の皆さま。ほんとうにありがとうございました。

 

「ヘ・モ・グ・ロ!」「ビーン!」のコール・アンド・レスポンスなどが戸惑いとともに楽しすぎたアルバム「切符」から10数曲の前半、休憩をはさんでご当地ナンバー(「半月舎のうた」かえる目バージョン初披露もー!)、衝撃的「24k magic」などのカバーシリーズ、「星野源が2文字のタイトルの曲でヒットしているのでそれにあやかってつくりました。聞いてください『愚痴』」(すごいすてきな曲でした)など新曲披露の後半まで、たっぷりかえる目の約2時間でした。

 

袋町のあやしげなビルディングのなかでの開催にもかかわらず、子どもたちも何人か来てくれ、ときに「きゃっきゃ」ときに「うわーん」と声を添えてくれました。「恋のレストラン」ニルヴァーナバージョンでは怖ろしくなってしまったのか「うえー」と泣き出す子も…。
そしてフィナーレは「ぴかぴか星人」の最後、「ぴ・か、ぴ・か…」とフェードアウトしていく演奏に、寝覚めでびっくりしたのだろう赤子の泣き声が「うわーん、うわー」と後奏のように残り、やがて「あ、あれ?」という感じでふと泣きやんでしーんと静寂が訪れた瞬間、「かえる目でした~~!!!」「! うわーんうわーん」という着地が、今回のライブのおわりにふさわしく、最高の余韻でした。

 

アンコールはDJ福西悟一くんのリクエストにより「とんかつ岬」。宇波さんの空を飛んでいきそうなかっこいいギターソロも聴けて、ほんとうにすばらしかったです。
もしリクエストがなかったら、木下ビヨンセを見たいばかりに「telephone」を要望しようと舎員は企んでいましたが、名曲「とんかつ岬」という正統派のシメ、DJさすがのリクエストでありました。

 

ライブ終了後、東京へ、大阪へ、近江八幡へ、と移動してゆくかえる目のみなさんを車で彦根駅へお送りしました。
駅のエスカレーターをのぼっていくメンバーの皆さんに舎主とふたり手を振っていたら、見えなくなるまで振ってくれて、春の日差しはあたたかく、彦根でかえる目を聴けたしあわせをしみじみ噛みしめました。

またいつか彦根の地にお越しいただきたいものです。
ありがとうございました!

 

※写真がへたすぎて会場内の写真が真っ暗 & バタバタして、大好評珈琲セブン社さんや、大人気完売したまるい食パンサンドの写真がまったくない…のでした…がっくり。

4月のお知らせ

あわただしかった3月もすぎて、新しい季節。

今月もよろしくお願いします〜

- – -

○1日(土)12:00〜19:00
ななばけ食堂さんの「パンの日」!
小さな食パンのほか大人気の米粉ビスケットなども追加納品されますよ〜

●2日(日)
「かえる目の切符拝見inひこね」14:30開場 / 15:00開演
出演|かえる目(細馬宏通:vo, g、宇波拓:g、木下和重:vo, vl、中尾勘二:perc, kl)
場所|ダンスホール紅花(滋賀県彦根市河原2-8)
料金|予約2,300円 / 当日2,500円
予約・お問合せ|半月舎(0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com)
https://www.facebook.com/events/1162151843896047/

○16日(日)15:00〜
「柴田聡子 数えきれない」ライブに古本出店
於:ダンスホール紅花
木之本の丘峰喫茶店さんと一緒に出店させていただきます。
柴田聡子さんを彦根で見れるなんてー!
※店舗営業はお休みいただきます。

●18日(火)18:00〜22:00
「半月ワインバー」於:半月舎
今月の半月ワインバーは、「教科書特集」です。高校の現代文の教科書などを各種入荷します。読み比べながらあれやこれや語るなんてどうでしょう。もちろんただひたすらワイン飲みに来ていただいても。

○30日(日)
「VOID MADE MARKET」に古本出店
於:VOID A PART
VOID A PARTさん一周年記念!ワイワイマーケットに半月舎も春らしい本とともに出店させてもらいます。
※店舗営業はお休みいただきます。

- – -
各イベントのお問合せ・ご予約 半月舎
0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com
- – -

4/2(日)かえる目の切符拝見

半月舎では「かえるさん」「かえる先生」としておなじみの細馬宏通さん率いるバンド「かえる目」(かえるもく)が4枚目のアルバム「切符」をたずさえ彦根にガタゴトやってきます!
春のひととき、桜を探しに芹川へ、そしてかえる目のうたを聴きに袋町・ダンスホール紅花へぜひ。

●日時|2017.4.2日曜日 14:30開場/15:00開演
●会場|ダンスホール紅花(彦根市河原2-8)
●料金|予約2,300円 /当日2,500円
(未就学児無料・小中学生500円・高校以上の学生半額)
●予約お問合せ|半月舎(はんげつしゃ)
mikoshiba@hangetsusha.com/0749-26-1201(水木曜以外の12-18:00)/HP、facebookからも予約できます

- – -

●かえる目(かえるもく)
vocal, guitar かえるさん a.k.a. 細馬宏通
guitar 宇波拓
violin 木下和重
percussions, klarinette 中尾勘二

かえるさんこと、細馬宏通の作詞作曲と不安定なボーカル、宇波拓・木下和重・中尾勘二のつつましくも練達の演奏によるカルテット。報われないのに夢見がちな歌詞、音量の少なさと低音の欠落を特徴とし、ホームパーティー、もしくはホームに似た場所での演奏、そしてホームレコーディングを得意とする。近年では木下によるボーカルの進捗が著しい。
http://12kai.com/kaerumoku/

- – -

●DJ|福西悟一
半月舎専属DJ・福西悟一くんが2台のポータブル・レコードプレイヤーを並べてとっておきのレコードをかけてくれます。

●Drink&Food
当日は、おやつの時間に合わせ、コーヒー、ジュース、はたまたビール、まるいサンドウィッチなどをご用意してお待ちしております。コーヒーは、「珈琲セブン社」さんが提供。

●CD
かえる目のすばらしいアルバム「切符」は、彦根では半月舎で購入いただけます。ぜひどうぞ。2,100円。

- – -

●会場|ダンスホール紅花(彦根市河原2-8)

かつては花街として栄え、いまでも地元のひとに親しまれる飲み屋街「袋町」。その一角の雑居ビルのなか、ダンスホールだった場所がイベントスペースになりました。当日は会場内禁煙、昼間の公演なのでお子様もぜひご一緒にどうぞ。

《アクセス》

彦根駅より徒歩20分程度、車で約5分。名神彦根ICより約10分。芹川沿いビジネスホテル芹川隣。
花しょうぶ通りからは、河原町郵便局から袋町方向に入り、突き当たりの清瀧旅館を左折、ぶらり横丁へ入った突き当たりの奥2階。橋本商店街からは千成亭華見角から袋町へ直進、「車の通り抜けできません」の看板手前を入った奥2階。当日、案内看板あり。
駐車場なし。近隣コインパーキングなどをご利用下さい。

【速報】かえる目の切符拝見inひこね

ずっと念願だったかえる目のライブinひこね。
春、ついに叶うことになりました。
ご予約お待ちしております〜

「かえる目の切符拝見inひこね」

出演|かえる目(細馬宏通:vo, g、宇波拓:g、木下和重:vo, vl、中尾勘二:perc, kl)
場所|ダンスホール紅花(滋賀県彦根市河原2-8)
日時|4/2(日)14:30開場 / 15:00開演
料金|予約2,300円 / 当日2,500円
予約・お問合せ|半月舎(0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com)

この世界の片隅について、さらに

かえるの学校 特別篇「この世界の片隅に」2時間目
日時|3月10日(金)19:00〜21:00
定員|20名
会場|半月舎(彦根市中央町2-29)
料金|一般1,000円・学生500円
※要予約(半月舎 0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.comまで)
※Threeeさんのワイン&フードあります。

1月に開講したかえるの学校 特別篇「この世界の片隅に」は、たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。
しかし1回きりの講座では「この世界の片隅に」は語り尽くせない!ということで「この世界の片隅に」講座2時間目の開講決定です。
かえる先生こと細馬宏通さんが、マンガを中心に、アニメーション(映画)との間を行ったり来たりしながら読み解きます。
今回は、主にマンガ下巻での展開と描写をお話いただきます。
前回ご参加でない方も、マンガと映画をご覧になっていればお楽しみいただけます。
必ず両方ご覧のうえお越しください!

マンバ通信で連載中!
細馬さんの「アニメーション版『この世界の片隅に』を捉え直す」は、こちらから。
予習・復習にお役立てください。
↓↓↓

https://magazine.manba.co.jp/category/series/balloon/

 

※写真は前回の講座のようす

半月ワインバー 2017.FEB

Threeeさんのおいしいワイン&おつまみはもちろん、
半月舎員によるスパイス料理研究成果も。
今回は、チェコの煮込み料理「グラーシェ」にふたたびチャレンジする予定です。

時|2月19日(日)18:00〜22:00
於|半月舎(彦根市中央町2-29)

最近引き取りが絶好調の半月舎の棚もぜひ見てね。
ワインバーまでに、店のなかもちょっときれいにしますから。

女子の古本市に参加します

京都のレティシア書房さんにてひらかれる女子の古本市。

日時|2/8(水)〜19(日)12〜20:00(最終日は18:00)

場所|レティシア書房(京都市中京区瓦町551)

http://book-laetitia.mond.jp

 

女子でよかった。半月舎も参加させていただきます。

大阪・LVDB BOOKSさんで半月舎古本市 そして行商のお知らせ

2月上~中旬、大阪のLVDB BOOKSさんで半月舎の古本市をしてもらうことになりました。

LVDB BOOKSさんは大阪市東住吉区の古本屋+ギャラリー。市内中心部から少し離れた商店街が賑わう住宅地でマイペースに営業しておられるのだそうです。

東京蚤の市でお隣のブースになってから、選書がすてきで、同じ関西からの参加ということで親近感をおぼえつつ、なんとなく仲良くしていただいているのです。

今回は、舎員が滋賀の寒さに凍えながら「行商しながら南の方へ行こう」などとツイッターでつぶやいたら「来ていいですよ!」とLVDBさんが誘ってくださり、まさかの実現と相成りました。

古本市期間なかばの12日(日)には長浜のさざなみ古書店さんと一緒にお邪魔する予定です。

 

- – -

 

半月舎古本市 in LVDB BOOKS

 

期間|2017年2月2日(木)~19日(日)

場所|LVDB BOOKS

大阪市東住吉区西今川4-33-14

地下鉄谷町線駒川中野駅徒歩3分

営業日・時間|木~日 / 12:00~20:00

tumblr http://lvdbbooks.tumblr.com

Facebook https://www.facebook.com/lvdbbooks/

 

- – -

 

ところで行商の旅と言いつつ、LVDBさん以外行商先のあてがないので、もし「こんなとこがあるよ」という情報や「来ていいよ」という奇特な方おられたらぜひ教えてください~

行商(仮)旅の旅程は、12日大阪→倉敷・13日倉敷→尾道・14日尾道or広島→15日尾道から帰るという超短期旅であります。お知恵のある方、ぜひともよろしくお願いします。

明日のかえるの学校 特別篇「この世界の片隅に」定員に達しました

明日1/20(金)はおまちかね!
かえるの学校 特別篇「この世界の片隅に」ですが、定員20名に達しましたので、ご予約を締め切らせていただきます。

なお会場の半月舎とてもせまいですので、ご予約がない方はお入りいただけません…ご了承くださいますようよろしくお願いします。

明日お越しの皆さま、まだ雪が残る彦根ですので、お気をつけてお越しください。また、もしご欠席される場合は半月舎までご連絡くださいますようよろしくお願いします。

http://hangetsusha.ready.jp/2017/01/10/1886/