2回目の夏

またまたご無沙汰してしまいました
舎主です

最近はこんなクッキーをよく焼いています

そうこうしている間に季節は夏、毎日暑い日が続くようになりました。
適度に冷房を入れていますので、本を選ぶという体で涼みに来ていただくのもいいかなと思います。

今日はうれしいことがひとつ。
常々舎員が欲しいと思っていた品、オーストリッチのはたきを
半月舎顧問のyukoさんから東京土産にいただきました!

さっそく、絶賛ぱたぱたさせていただいております。
ありがとうございました。

あしたはひこねゆかたまつり。
舎主はゆかたで店番を するつもりです。

U

コメントをどうぞ

9月のお知らせ

トンボが飛んで、まだ暑いですがカレンダーの上では秋ですね。読書の秋のはじまり、今月もよろしくお願いします。
17〜26日(京都駅前地下街ポルタでの出店期間中)は、土日月曜のみの営業となります。ご不便おかけするかもしれませんが、ご容赦ください。

半月舎は買取もしております。
ジャンル問わず査定いたしますので気軽にお問い合わせくださいませ。



《感染症対策につきまして》
・マスクの着用
お持ちでない方にはお渡ししますが、数に限りがありますので、なるべくマスクを着用して入店いただくようにお願いします。
・アルコール消毒
店の入り口にアルコールスプレーを設置します。
入店前と後に手指を消毒お願いします。
・店内人数の制限
お客さまでいっぱいになることはめったにない店ですが、お客さまが5人以上になってしまうときは、少し外でお待ちいただくよう、お声かけさせていただこうと思っております。
また、お連れさま以外の方とのソーシャルディスタンスにお気づかいいただくようお願いいたします。
・空気清浄機を稼働しております。

- – -

○17日(金)-26日(日)
[ 第5回マチマチ古本通り ]
於:京都駅前地下街ポルタ
JR京都駅に直結する地下街で古本市!
雨でも風でも暑くても快適な地下街に古本を並べてみなさまのお越しをお待ちしております。
こんな時期ですが、こんな時期だから、気持ちはどこか遠くへ行けそうな楽しい本をたくさんご用意する心意気です。
京都駅をご利用の方、お近くにご用の方、むりない範囲で、ぜひお寄りくださいませ〜

- – -
お問合せ・お申込み 半月舎
0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com
- – -

レコード寄席 中止のお知らせ

8/18.20に予定しておりましたレコード寄席は、この度の大雨の影響をかんがみ、中止することとしました。土砂崩れや浸水などの被害がこれ以上ひどくならないことを祈るばかりです。レコード寄席はまた企画しますので、その時は、みなさまぜひです。

それにしても、道路も通行止め、電車も一部休止で交通手段がたたれてしまった田口さんの「だめだ、もう徒歩しかない」発言には、田口さんがレコードを背負って峠をこえてるようすが浮かんでしまい、つい笑ってしまいました。

8月のお知らせ

最近は、月に何日かいろんな方にお店番してもらいつつ、舎員はほうぼうに出撃するという体勢になってきました。たとえば先月から月1回ひっそりもうけられている火曜日営業は、”きみと珈琲”の佑美さんがいてくれていますよ〜よかったらぜひ!ほかにもいろんな方にお店番してもらっているので、思いも寄らないひとに会えるかもしれません。

今月は、感染症対策をして、少人数のイベントをいくつか予定してます。ご興味あるテーマがありましたら、ぜひご連絡ください!

半月舎は買取もしております。今月もどうぞよろしくお願いします。



《感染症対策につきまして》
・マスクの着用
お持ちでない方にはお渡ししますが、数に限りがありますので、なるべくマスクを着用して入店いただくようにお願いします。
・アルコール消毒
店の入り口にアルコールスプレーを設置します。
入店前と後に手指を消毒お願いします。
・店内人数の制限
お客さまでいっぱいになることはめったにない店ですが、お客さまが5人以上になってしまうときは、少し外でお待ちいただくよう、お声かけさせていただこうと思っております。
また、お連れさま以外の方とのソーシャルディスタンスにお気づかいいただくようお願いいたします。
・空気清浄機を稼働しております。
・イベント時、店内での飲食提供はいたしません。

- – -

○1日(日)-3日(火) 10:00-16:00
[ YOBISHIさんの夏休み企画 ]
於:胡宮神社(犬上郡多賀町敏満寺49)
子どもたちの夏休み工作ワークショップなどされているなかに出店です。
絵本や児童書を準備中です〜

●7日(土)17:30〜
[ 背中合わせの朗読会 ]
於:半月舎
定員:10名
料金:1,000円 ※予約制
限りなく芸人に近い詩人・桑原滝弥さんと限りなく詩人に近い芸人・八男さんによる詩と朗読とサムシングの会、気づけば弊舎では4回目です。感染症対策を兼ね、背中合わせで開催します。
参加の方も、よかったら歌ったり朗読したりラップしたり、してください!背中合わせで、やりましょう。
詳しくは下記URLよりご覧ください。予約制です。

http://hangetsusha.ready.jp/2021/07/02/2538/

●8日(日)
[ パンの日 by ななばけ食堂 ]
於:半月舎
毎月のお楽しみ、ななばけさんのパン販売の日です。
季節の酵母のパンをお楽しみに~
今月は暑いので、パンではなくお菓子の日になるかもしれないそうです。

●18日(水)・20日(金)19:00〜
[ レコード寄席 ]
於:半月舎
お話:田口史人(黒猫)
定員:10名
木戸銭:1,500円
各日のテーマはそれぞれ、18日「寺内タケシの宇宙と古里」、20日「宝塚と日本のミュージカル」。
最近宝塚歌劇に夢中の舎員、戦前宝塚の話が聞きたいばかりに田口さんを召喚してしまったと言って過言でありません!寺内タケシさんのはちゃめちゃ人生のお話も必聴かと思います。ぜひ!予約制です。
○25日(水)-26日(木)
[ パリヤさんで古本屋 ]
於:パリヤ サンぺデック(彦根市長曽根南町472-2)
彦根の愛されスーパー、パリヤさんでの月1出店も4回目!
今回は水木の2日間出店です。
出店時間は、25日9:30~21:00、26日9:00~20:00です。

●29日(日)13:00〜15:30
[ K’s Point Workshop 瞑想の基礎技法 ]
於:半月舎
お話:森本武
定員:5名
参加費:3,000円
半月舎でずっと売れ続けている暮らしのバイブル「苦労の節約」の著者・森本武さんによる3回目のイベントを開催します。
今まではトークが中心の会でしたが、今回は初めてワークショップの会となります。
『瞑想の基礎技法』…一体どんな会となるのか、舎員にも未知ですが、ご興味ある方、ぜひご一緒しましょう。
詳しくは下記URLよりご覧ください。予約制です。

http://hangetsusha.ready.jp/2021/07/18/2543/

- – -
お問合せ・お申込み 半月舎
0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com
- – -

〈 K’s Point Workshop in 半月舎 『瞑想の基礎技法』〉のお知らせ

=====
K’s Point Workshop in 半月舎
『瞑想の基礎技法』
=====

半月舎でずっと売れ続けている暮らしのバイブル「苦労の節約」の著者・森本武さんによる3回目のイベントを開催します。
今まではトークが中心の会でしたが、今回は初めてワークショップの会となります。
『瞑想の基礎技法』…一体どんな会となるのか、舎員にも未知ですが、ご興味ある方、ぜひご一緒しましょう。

- – - – -

「瞑想をすれば心が落ち着きますか?」このような質問をよくうけます。
これは答えようのない質問です。

おそらく瞑想を思考の沈静化をはかる不活発な活動ととらえ、いくつかの作業手順を留意すれば実現するものと思い込んでいるひとが、このような質問を気軽にしてくるのだとおもいます。

「瞑想」という語が、こころの制御法として、かなり有益なものであるという認識をもって、ひんぱんに語られているのを耳にするにつけ、「知識は実体ではない」という理解を基本とする私としては、「瞑想」を熱望するひとの意識は、もっとも「瞑想」に遠いところにあると感じています。
「瞑想」をもちだす以前に、意識との付き合いの浅さ(あるいは断絶)をなんとかしなければならないのではとおもうからです。

このワークショップは、単純に生理的レベルにおいて、「自分」として現れている意識との繋がりを明確に自覚し、真我との関係を回復することにあります。

- – - – -

『瞑想の基礎技法』

「意識との繋がりを明確に自覚し、真我との関係を回復する」ワークショップの高度化として、「真我との持続的一体化」を目指すワークショップを企画しました。

インド伝統の精神科学における瞑想の定義は、「神との直接対話」の実現にある、と私は理解しています。
神との対話を経験するのは当事者の意識であり、その体験の事実を語れる者は当人以外にはありえないので、その体験を合理的な方法の結果として他者に伝えるには大きな困難が伴うものです。「神との対話」の実現は当人限定のものである、といえます。
その意味で、この「基礎技法」は、瞑想を生起させる基礎環境の実現のための行でしかないといえます。

とはいえ、この基礎技法は重要な意味をもちます。意識そのものの本来の機能を高め、感応する波動域を広げることになるからです。
思考の活動する物質レベル、つまりエネルギー密度の高いレベルの活動に圧倒的に支配されている意識が、解放されて、覚醒域が広がります。

K’s Point代表 森本 武

- – - – -

■日時
8/29(日)13:00-15:30
※店舗は臨時休業とします。

■場所
半月舎(滋賀県彦根市中央町2-29)

■ 参加費
3,000円

■ 定員
5名

■ お申し込み先
半月舎
滋賀県彦根市中央町2-29
0749-26-1201
mikoshiba@hangetsusha.com(担当:みこしば)

〈生配信〉背中合わせの朗読会

開催直前となっておりました「背中合わせの朗読会」ですが、このたびの新型コロナウィルス感染拡大の状況をかんがみまして、開催方法を生配信に変更させていただくこととなりました。お集まりいただき、背中合わせで朗読することができないのはたいへんに残念ですが、おうちなど安心できる場所で、お楽しみいただけたらさいわいです。内容は、限りなく芸人に近い詩人・桑原滝弥さんと、限りなく詩人に近い芸人・八男さんによるトークセッション、そして、もしかしたら背中合わせの朗読もあるかも、ないかも…です。

配信に伴い、料金は無料となりましたので、ぜひ気軽にのぞいてください!

以下、配信情報です。

日時 2021年8月7日(土)17:30~(終了時間未定)

料金 無料

Youtubeチャンネル「詩人 八男の8ちゃんねる」にて

試聴していてのご意見・ご質問など、チャットに書き込んでご参加いただいても!

『背中合わせの朗読会』

2021年8月7日(土)17:30~

出演:
桑原滝弥 (詩人)
八男(芸人)

料金:1000円
※予約のみ。10名様限定。

予約:
(半月舎)0749-26-1201
mikoshiba@hanagetsusha.com(担当 みこしば)

会場:
半月舎
(滋賀県彦根市中央町2-29)

https://twitter.com/mikosoba

※本イベントは
新型コロナウイルス感染拡大防止対策を実施の上行います。

詩人と芸人による
何が飛び出すかわからない
半月舎イベント第四弾!

今回は東京から山口へ移住した詩人と
最近YouTubeを始めた芸人が
コロナ禍の日々を生き抜くための
表現の知恵と勇気とえとせとらについて
トークセッションをします

さらには”今”という状況だからこそ
味わえる企画として
ウィルス感染予防対策も兼ねた
背中合わせの朗読会を実施!

背中越しに
互いの声に耳と心を澄まし合い
自由な声を響かせ合いましょう☆

~朗読会募集要項~
詩歌、小説、エッセイ、ラップ、話芸、手紙、即興、etc
朗読をされる方なら表現のジャンルは問いません。
制限時間一人(組)5分間。自作他作不問。
参加希望の方は、ご予約時に
「朗読会にもエントリー希望」とお伝えください。
※もちろん観覧のみのお客様も大歓迎です。

【出演者プロフィール】

桑原滝弥 (限りなく芸人に近い詩人)
演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。 処女作『えりなのプロフィール』は、新潮文庫『あなたにあいたくて生まれてきた詩 / 宗左近・選』に収録。 以降、「あらゆる時空を” 詩 “つづける」をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表。詩人・谷川俊太郎とのイベント開催や、海外での活動、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションなど積極的に展開。著書に詩集『花火焼』、写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著)、詩画集『国際化と標準化』(画家・イケヤシロウ共著)ほか。詩芸企画『詩人類』代表。
2020年2月より、三歳になる息子が突然放った一言「パパ、運命を信じろよ!」に突き動かされて、住み慣れた東京から、まったく何も知らない山口へ移住。

https://shijinrui.blogspot.com

八男 (限りなく詩人に近い芸人)
人間パチンコのギャグで時代を夢見た漫談家・テントさん(2016年没)の弟子みたいなもんで、2013年に八男(はちおとこ)の名前をいただきました。
低空飛行で宇宙をめざすようで、遠浅の海を遊泳し深海の魚に出会うような感じで、気楽に表現していこうと思っています。

https://www.youtube.com/channel/UCRf7ilQtKhLZceNYOe1GQEA/about

7月のお知らせ

雨が降りそうで降らなそうな日が多いけれど雲は多いしなんとなく雨は降るしやっぱり梅雨ですね。
今月は火曜日の営業日もあります。
パリヤさん、VOID A PARTさんと彦根市内での出店もありますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!
半月舎は買取もしております。今月もどうぞよろしくお願いします。



《感染症対策につきまして》
・マスクの着用
お持ちでない方にはお渡ししますが、数に限りがありますので、なるべくマスクを着用して入店いただくようにお願いします。
・アルコール消毒
店の入り口にアルコールスプレーを設置します。
入店前と後に手指を消毒お願いします。
・店内人数の制限
お客さまでいっぱいになることはめったにない店ですが、お客さまが5人以上になってしまうときは、少し外でお待ちいただくよう、お声かけさせていただこうと思っております。
また、お連れさま以外の方とのソーシャルディスタンスにお気づかいいただくようお願いいたします。
・空気清浄機を稼働しております。

- – -

○開催中〜17日(土)
[ 悩ましきカレー緊急会議 ]
於:東急ハンズ梅田店10Fハンズインスピレーション
おいしそうなカレーやスパイスやカレー屋さんのTシャツにまぎれ、古本もさりげなく販売中です!

●24日(土)
[ パンの日 by ななばけ食堂 ]
於:半月舎
毎月のお楽しみ、ななばけさんのパン販売の日です。
季節の酵母のパンをお楽しみに~

○23日(金)-24日(土)
[ パリヤさんで古本屋 ]
於:パリヤ サンぺデック(彦根市長曽根南町472-2)
彦根の愛されスーパー、パリヤさんでの月1出店も3回目となりました!
今回は金土の2日間出店となります。
23日は9:30〜21:00、24日は9:00〜20:00となります。

○25日(日)9:00-17:00
[ VOID A PARTさんで古本屋 ]
於:VOID A PART(彦根市柳川町218-1)
コーヒー、おやつ、お花のあるお店で、古本出店させてもらいます!
休日にゆっくりご覧いただけるような本をお持ちします〜

- – -
お問合せ・お申込み 半月舎
0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com
- – -

パリヤさんで古本屋

彦根のみなさまにはお馴染みのスーパー・パリヤサンペデックさんで、古本の出店をさせていただくことになりました!

 

日用品や食品を買うように、もっと日常的に古本を売ったり買ったりできるまちになっていったらなあ~というのは古本屋であるわたしのぼんやりとした夢なのですが、そのためにはお店でお客さんを待っているだけでなく、わたしもお客さんのいる場所へ出向いて行かなくてはと思っていたのです。パリヤさんにお願いしたところ、ご快諾いただいて今回の運びとなりました!

 

スーパーの店頭をお借りしての古本屋さんという初めての試みですが、パリヤさんにお越しの方、お近くにお越しの方、よかったらぜひのぞいてください!お待ちしております。

今回は小説・生活・料理・絵本・彦根の歴史など幅広くご用意していこうと思っています。

 

●日時 5/19(水)9:30~18:00

●場所 パリヤさん(彦根市長曽根南町472-2)1階エスカレーター横(写真2枚め)

●買取をご希望の方へ

パリヤさん店頭での買取はできません。

半月舎店頭かご自宅にて引取させていただきますので、ご相談ください!

森本武さんのミニトークイベントのお知らせ

半月舎でも著書「苦労の節約」などを扱わせていただいている森本武さんのトークイベントを開きます。

実は、ひそかに秋にも開いたので、2回目のトークイベントになります。
春にもトークイベントしましょうとお声かけいただいて、どんなテーマがいいかなあと思った時、頭に浮かんだのは「ご自愛」という言葉でした。

時節柄なのか年齢のためなのか、知人同士のあいだで「なによりご自愛だね」などと言い合うことがよくあるこの頃なのですが、ところで”ご自愛”すなわち”自分を愛する”とは一体どういうことでしょうか。
私たちは対人関係にばかり気を取られて、自分を愛する・大切にするということについてあまりに無自覚で、そのすべに乏しいのではないか…
という問いを投げかけたところ、森本先生が『自分を愛するということ ーJ.クリシュナムルティの言い分』というテーマでお話くださることになりました。
生涯のがれられない「自分」というものについて考えるひとときとなりそうです。

定員は5名、お早めにご予約ください。

- – -

・日時 4月18日(日)13:30〜15:30
※開場は13:00
※半月舎の店舗営業はお休みです

・テーマ
『自分を愛するということ ーJ.クリシュナムルティの言い分』

自分を大切にしすぎたら、自己愛が利己愛に変貌する。自分を蔑(ないがし)ろにしすぎたら、自己放棄と自己嫌悪に襲われる。
自己を抑圧しすぎたら、鬱のベールに覆われるし、自分を尊重しすぎたら、自尊心が高揚し、自己顕示の欲情が暴れる。ありのままの自分を愛することの難しさに対して、J.クリシュナムルティは何を語るのか。

・料金
自由制(終了後、ご自身で金額を決めてお支払いいただきます)

・お申込み・お問合せ
mikoshiba@hangetsusha.com / 0749-26-1201

※感染症対策につきまして
・マスク着用の上ご参加ください。
・アルコールスプレーをご用意しております。
入店前と後に手指を消毒お願いします。
・空気清浄機を稼働しております。

- – -

●講師=森本武
NPO K’s Point代表、嵯峨美術大学前学長。
瞑想、哲学、宗教、生命科学などを独学。Krishnamurti Centre(英国)への研究滞在をきっかけに、J.クリシュナムルティの思想と本気で向き合う決意をかため、1998年にNPO K’s Pointを創設した。講演、対話、著作などを通して、思考に偏重した人類文化の危険性と不安の根源的原因を探求している。
著書に、『苦労の節約』、『日常を深く生きる』、『天職を生きる仕事術』など。アナーキー・タケ名義で、詩人としても活動している。

近藤千愛 小さい初個展「おこしもの」 開催のおしらせ

近藤千愛 小さい初個展「おこしもの」
2020.12.19(土)-29(火)
12-18:00 ※23(水)はお休み
岐阜県多治見で陶作家の工房スタッフとして働きながら自身の作品をつくってきた近藤千愛さん。
昨年、弊舎主催の一箱古本市「ウモレボン市」で、古本を売るかたわら初めて自身の作品をおひろめされ、そのかわいさ・ふしぎさ・ゆかいさにわたしたちは心をわしづかみされてしまいました。
弊舎の熱望かない、近藤千愛さんの初めての”小さい”個展を半月舎で開催させてもらいます。
出会ったころ、千愛さんも舎員も滋賀県立大学の学生でした。
お店を始める前から、細く長くつながっていたご縁がこうして小さく結ばれたこと、とてもうれしく思います。
以下はフライヤーに寄せられた千愛さんのことばです。
自分で考え自分の手から生み出せたら
という想いを抱きながら
滋賀県立大学を卒業してもうすぐ10年
自分の中で眠りかけていたリズムを揺り起こし
少しずつ降り積ったことを形に起こし
そんな自分も飛び越えてお来しになった
「おこしもの」たちを
愉しんで頂けましたら幸いです
在廊予定日
11/19(土),20(日),28(月)
event
「小さい中国茶会」
12/28(月)13-14:00 / 15-16:00 全2回
会費2,000円 各回定員5名
茶人 堀口一子さんが中国茶会を開催して下さいます
※お茶会中は入店いただけません
個展・イベントについてのお問合せ・お申込みは半月舎まで
mikoshiba@hangetsusha.com / 0749-26-1201

ケモノス滋賀ツアーのおしらせ

ウモレボン市などにも出てもらっている「旅する雑貨店Kemonoss」さんの滋賀ツアーが決定です〜

半月舎には12/5(土),6(日)にゆかいな雑貨たちとともにお越しくださいますよ!やったー

彦根出身のイラストレーターsunnさんがゲスト出店してくださいます!

「ケモノス滋賀ツアー」
旅する雑貨店Kemonoss、10周年御礼キャバラン2020年の締めくくりは滋賀をぐるりとケモノス巡行いたします!滋賀県のイケてる場とヒトとモノが一同集結!物販、展示、ワークショップ、ゲスト出店、滋賀ツアー特典などなど、、楽しくならないわけがない1ヶ月♫どうぞお楽しみに〜

《ツアースケジュール》

▶12/5(土)・6日(日) 12:00-19:00/「半月舎」滋賀県彦根市中央町2-29☆ゲスト出店:sunn (イラスト雑貨、誕生花描きws) ※12/6のみ
▶12/11(金)〜13(日) 11:00-18:00/カルチャーコミンカ「おうち」(またの名をののすておりがみ屋・刺繍屋ポイトコセ)滋賀県愛知郡愛荘町愛知川1764-1
☆ゲスト出店:pichio candle (キャンドル、紙モノ) ※11日、12日のみ☆ワークショップ:13日のみ「くつしたすいじゃく」「ヲカダの顔パネ屋さん/○○になろう」
▶12/17(木)〜19(土) 11:00-17:00/「雑貨屋つきもも」滋賀県大津市大江1丁目18-11☆ゲスト出店:maimai.craft  (消しゴムはんこ) / shop tabasco. (パン雑貨と布小物) / pichio candle (キャンドル、紙モノ)※17、18日のみ
▶12/26(土)・27(日) 11:00-21:00 ※日曜17時まで/「向町cafe」滋賀県蒲生郡日野町西大路2149☆ゲスト出店:いずぼんぼん(イラスト雑貨) / pichio candle(キャンドル、紙モノ)※26日のみ / ケダマンファクトリー(綿菓子屋さん)※26日のみ