うかつな金環日蝕

一昨日、隣のおばあちゃんに、
「あんた、太陽みるめがねやら持ってるか?」
と訊かれました。
そこで気がつきました。金環日蝕がもうすぐってことに。

おばあちゃんよりも日蝕アンテナの低いわたしがそんなめがねを持っているはずがなく、
そういえばベルロードのセブンイレブンに売っていましたよと言ったら、
その十数分後、「ありがとー買ってきた!」
というおばあちゃんの声。
おばあちゃんはやい!行動めっちゃ早い!

それにならって、昨日、酔っぱらいながら歩いて件のセブンイレブンへ行きましたが、めがねは売り切れ。
残念でしたが、酔っぱらったわたしは、めがねのことを忘れ、ねました。

で、今朝。
朝5時半頃から起き出してなにやらいろいろごそごそしていたのに、
日蝕のことなどすっかり忘れてました。
なんか今日は変なかんじするなー、
窓にマジックミラーついてるみたいに光が…
とかおもったところで、気がつきました、金環日蝕ってことに。

裏庭に出たら、おばあちゃんがひとりでベンチに座って、めがねをかかげています。
おばあちゃんのめがねで、見れました、金環には間に合わなかったけれど、金環後の日蝕。

あのめがねをかけると、他のものみんな暗くなって、宇宙気分ですね。
めがねに宇宙の模様ついてるし。

影でもあそびました、紙に針で穴を開けて写してみたところ。

日蝕めがねで光を反射すると、日蝕形の光で反射しました。

晴れてよかったですねーとあばあちゃんに言ったら、
「ほんまやで。
おたくらはええけどな、
もう次の日蝕なんて言うたらわたしらしんでるわ。
もし今日が雨だったら、棺桶にこのめがね入れてって言ってたんよ、
そしたら次の日蝕あの世で見れるやろ」
というおばあちゃんの名言。

おばあちゃんの家からは大音量で日蝕ニュースのテレビの音が。おばあちゃん日蝕を満喫してました。
たのしいですねえ。

みんな朝から宇宙のことを考えた日でしたね。

うかつな舎員Mの金環日蝕記でした。

コメントをどうぞ

9月のおしらせ

暑いなかにそこはかとなく秋の気配がしてきましたね。

今月も金土日のみ営業しつつ、移転することになった倉庫の整理に励みます。また、20日は開店9周年でして、今まで周年イベントなどはしたことなかったですが、こんなご時世はお客さんへの感謝もひとしおでして、おもむろに古本3割引まつりをいたします。よければぜひ。

また、倉庫の整理がある程度すすんだらガレージセールを予定しています。おそらく21・22日あたりになるかと思います。本だけでなく雑貨なども放出予定ですので、こちらもよければぜひお越しください。


《感染症対策につきまして》
・営業時間の短縮
12:00〜18:00に短縮します。
・マスクの着用
お持ちでない方にはお渡ししますが、数に限りがありますので、なるべくマスクを着用して入店いただくようにお願いします。
・アルコール消毒
店の入り口にアルコールスプレーを設置します。
入店前と後に手指を消毒お願いします。
・店内人数の制限
お客さまでいっぱいになることはめったにない店ですが、お客さまが5人以上になってしまうときは、少し外でお待ちいただくよう、お声かけさせていただこうと思っております。
また、お連れさま以外の方とのソーシャルディスタンスにお気づかいいただくようお願いいたします。

通信販売はじめました

ずっと懸案だったオンラインショップをようやく始めました。
インターネットにも半月舎があるみたいでふしぎな感じ。重い腰がなかなかあがらずここまできてしまいましたが、はじめてみたら楽しいです。
これからこつこつ更新してまいりますので、よかったらのぞいてみてください。
また、通信販売ページに載っていない本や品物もお送りしますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。
半月舎の通信販売

ふちがみとふなととエマーソン北村ライブ「ある冬の午後に」

ふちがみとふなととエマーソン北村ライブ「ある冬の午後に」

年も明けたある冬の午後に、
お城をのぞむお堂に集まって、
音楽に耳をすます、
そんな午後

◯日時 1/11(土)15:30 open 16:00 start
◯料金 2,000円(当日2,500円)
◯会場 スミス記念堂(滋賀県彦根市本町3丁目58)
◯お申込み・お問合せ
半月舎(彦根市中央町2-29)
0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com

ふちがみとふなととエマーソン北村さんライブが新年早々に見れるなんてなんだかとってもおめでたい。
お子さん連れの方もぜひ!

〈出演者ご紹介〉
○ふちがみとふなと
渕上純子(ボーカル)船戸博史(コントラバス)の二人組。むずかしくない言葉とメロディとリズムを紡いで出来る大きな宇宙を探してもうすぐ30年。日本のあちこち時々海外の、お客さんの顔が見えるサイズの会場を中心に活動。2019年、二人が出会った場所ケニアのヒット曲をエマーソン北村とともにカバーし、ふちがみとふなと名義で初めてのミュージックビデオを発表。3月にはエマーソン北村と三人では初、二人では2017年に続き二度目のナイロビ公演を行った。
www.yoshida-house.net
ふちがみとふなととエマーソン北村 MV(ケニアPOPカバー)= YouTube「キゲウゲウ」「マジシ」で検索
○エマーソン北村
後期のJAGATARAやMUTE BEATに参加し、以降現在まで多くの個性的なバンド・アーティストと活動してきた。一方で近年は「エマソロ」と呼ばれるソロ活動を展開。2枚のアルバムと数枚のアナログ盤をリリースし、各地でライブを行なっている。2019年3月にふちがみとふなとと共にケニア・ナイロビでライブを行い、10月にはシンガーのmmmと共にドイツ・ケルンのフェティバルを始めとするヨーロッパ・UKツアーをおこなった。最新作はmmmとのデュオアルバム「CHASING GIANTS」。
www.emersonkitamura.com

ミエル・ニシムラさんのはちみつとチーズの会

甘くて濃厚な味わいがしみる寒い季節…
ミエル・ニシムラさんを案内人に、はちみつとチーズで至福のマリアージュを楽しむ会を開きます。
おいしくて体にもいい、はちみつの魅力にひたる夜です。

日時|12月22日(日)19:00スタート
場所|半月舎 彦根市中央町2−29
料金|1,000円(はちみつとチーズとニシムラさんのお話)
※ワインなど飲み物もご用意します。別料金いただきます。
定員|10人
ご予約・お問合せ|0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com

詩であそぼうワークショップ

詩であそぼうワークショップ

- – -

日時:2019.9.6(金) 19:30~21:00
出演: 桑原滝弥・八男
料金:500円
会場: 半月舎(滋賀県彦根市中央町2-29)
予約: 半月舎 0749-26-1201 / mikoshiba@hanagetsusha.com(担当 みこしば)

- – -

東京を中心に活動中の詩人・桑原滝弥と
滋賀が生んだ面白ポエムスター・八男による
半月舎イベント第三弾!

今回は参加されたみなさんといっしょに詩をつくる
ワークショップスタイルでお届けします。
「え!詩って、こんなふうに書くの?」
「あらら、詩を書くことによって、知らなかった世界が見えてきたぞ!」
などなど、驚きと喜びがいっぱいの90分間。

どうぞみなさん
なんの準備もしないで気楽にふらりと
詩とあそびにいらしてくださいね☆

第9回ひこねウモレボン市 一箱出店者さん募集開始しました!

一箱古本市「ウモレボン市」今年も開催します!
いよいよ古本出店者さん募集開始です!楽しい美味しいお店の出店は現在お誘い中、決まり次第お知らせします!

■ウモレボン市とは…
自宅に埋もれている本たちはつぎの出会いを待っています。
昔は愛読していたけれどももう読まないかなーと思う本、増えすぎた蔵書、ご家族の本…などなど、そんな本たちをひとつの箱につめこんでそれぞれ持ち寄るマーケット。それが、ひこねウモレボン市です。

東京の不忍ブックストリートで始まった「一箱古本市」は、本好きの人々がそれぞれに持ち寄った古本を販売する、フリーマーケット形式の古本市です。
当日はパンやおかし、飲物などのお店も出店。古本と一緒にお楽しみください。

■開催概要
日時:2019年10月26日(土) 10:00~16:00
場所:滋賀縣護国神社境内(晴れでも雨でも本殿で開催します!)

■出店について
基本的にだれでも出店することができます。

【募集要項】
出店料:半畳(90cm×90cm)スペース500 円
※1出店につき、最大1畳(180cm×90cm)まで借りられます。
※出店料は当日受付にてお支払いください。
※出店場所は先着順で割り振ります。当日受付で場所をご確認下さい。
出品物:古本+その他も可。ご相談下さい。
定員:20 店舗(先着順)
申し込み締め切り:10月19日(土)
→ 過ぎても募集している可能性ありです。お問い合わせください!

【出店参加にあたって】
・荒天中止の場合あり、中止の場合は当日7:00までにご連絡します。
・出店者用駐車場はご用意しますが、1店につき、1台でご利用下さい。
・追加補充分含め、本の在庫はどれだけ持参しても構いませんが、
借りた分のスペース内で展開してください。
・搬入・搬出は各自で、当日の販売も各自の責任で行うようにしてください。
・搬入時間は8時から9時までとし、10時までには出店準備を完了させてください。
搬入方法、場所の詳細については、出店者に後日連絡させていただきます。
・屋号の分かる看板と敷物については用意しますが、自前のものを使用することも可能です。
・その他飾り付け自由です。テントやパラソル、テーブル等必要な場合は各自準備下さい。

【申し込み方法】
下記7項目を明記の上、メール・電話、もしくは下記住所へ直接申し込みください。
●メールアドレス→umorebon@gmail.com
●住所→〒522-0081 滋賀県彦根市中央町2-29 半月舎
電話→0749-26-1201
担当:上川(ウエカワ)・御子柴(ミコシバ)

1.お名前
2. 屋号
3.郵便番号・住所
4.メールアドレス
5.電話番号(緊急連絡ができる携帯電話でお願いします)
6.スペース:半畳(90cm×90cm)/1畳(180cm×90cm)
7.出店者のプロフィール、品揃え、意気込みなど
自己PR を100 文字以内でお書きください。(ブログやフェイスブックなどでご紹介するときに使用させていただきます)

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/507194133359997/

ワイルドキッチンさん出張販売のお知らせ

5/30(木)ワイルドキッチン石窯パン工房さんが半月舎前で出張販売してくださいます。

ワイルドさんが、当日販売予定のパン一覧をお送りくださいました。なんてすてきなパン一覧なんでしょうか。わくわく

時間は11:00-15:00、パン売り切れ次第終了となりますが、ご予約・取り置き可能ですので、一覧をご参照のうえ予約していただくと、お好きなパンを確実にお求めいただけます。ぜひ。

ご予約・お取り置き・パンについてのご質問などについては、下記ワイルドさんご連絡先までお願いします!

●ワイルドキッチン石窯パン工房
0748-56-1292
wild-kitchen@e-omi.ne.jp

喫茶去”お茶をどうぞ” by うみわたれ&亮茶房

一昨年のウモレボン市・えびす講と出店してくださり、半月舎周辺の女子のみなさんのあいだで話題騒然となったオーラソーマと手相ケアの「うみわたれ」さんが、みたび彦根にお越しくださいます。

今回は、「うみわたれ」さんと一緒に、京都の台湾茶専門店「亮茶房」さんのお茶を、半月舎でいただく会です。

 

タイトルの「喫茶去」とは、「お茶をどうぞ」という意味。禅語だそうです。以下はうみわたれさんに教えてもらった本からの引用です。

お茶を差し出すことほど、私たちの心を写し出すものはありません。あなたは嫌いな人が来ても、お茶を召し上がれと言えますか?

到着したとたんあわてて言い訳しようとする人に、ご苦労さん、まずは一杯、と相手の呼吸を整えてあげることを考えますか。よく来たね、という気持ちも一杯のお茶が表し、寒かったろう、というねぎらいの気持ちも一杯のお茶が表します。

「喫茶去」とは、お茶を召し上がれ、というただそれだけの言葉。抹茶を立てても番茶でも、理屈抜きに一杯のお茶を差し出すことこそ禅の心に通じます。儀式でもなく、健康や喉の乾きのためともこだわらず、ただ、「さあ、お茶をどうぞ」。

 

今回は、その時々に合わせたお茶を亮茶房さんに紹介してもらいながら、みんなでゆっくり味わいます。いわば、自分自身にお茶を差し出す時間です。

昼間と夕方の2回ひらきますので、お昼間しか出れない方、夜のお仕事終わりにしか来れない方もぜひご検討ください。夜の部は、19時頃からの参加でもだいじょうぶです。定員は各回5名くらいですので、ご予約お願いします。

昼間と夕方の2回開催ですので、お昼間しか出れない方も、お仕事終わりの方も、ぜひご検討ください!

お茶会とお茶会の間の時間は、うみわたれさんによるケアも受けられます。こちらのみでもご参加いただけます。

 

- – -

 

●お茶会

日時 5月15日(水)

1回目13:00~15:00 / 2回目18:30~20:30

場所 半月舎(彦根市中央町2-29)

料金 2,200円

 

●うみわたれさんによる手相ケア

時間 15:00~18:00

*随時受け付けますが、ご予約いただくと安心です。

料金 1,500円(約20分)

*ビーマーライトケアというコースも選べるそうです!

 

◎ご予約・お問合せ

メール:mikoshiba@hangetsusha.com

電話:0749-26-1201

 

- – -

 

「オーラソーマ」をじつはよく理解できていない舎員ですが、うみわたれさんとお話させてもらうと、自分が一生懸命になっている範囲のすこし先に気づきがあったりして、とても興味深いのです。なにか悩みのある方も、そうでもない方にも、おすすめです。わたしは、ぜんぜん悩んでない時期にはじめてご一緒させてもらって、いまにつながる余韻の深い発見がありました。

直前のお知らせになってしまいましたが、ご興味ある方はぜひご連絡くださいませ~!

 

Yuko Nexus6「#tbk_yuko」出版記念トーク ニューガントーク

Yuko Nexus6「#tbk_yuko」出版記念トーク
ニューガントーク

2019年3月15日(金)19:00START
会場:中野家具2号館(滋賀県彦根市中央町1)
料金:500円
ご予約:半月舎(0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com)

- – -

双極性気分障害(躁うつ)だけでも大変なのに、乳がんが発覚! 2013年のがん告知から現在までの闘病記(tbk)を綴った、ニュー(乳)がんフォト&エッセイを刊行された、彦根在住のアーティストYukoさんのトークを、医療関係者や旦那さまをゲストに、お送りいたします。

- – -

トークゲスト:
寺村康史—乳腺外科医
永山夕水—乳がん認定看護師
木下智恵子—化学療法担当看護師
from 彦根市立病院
細馬宏通—滋賀県立大学人間文化学部教授・Yukoのパートナー

- – -

当日は、トークのほかにもいろいろ企画しております。
開場時からお楽しみください!
・「#tbk_yuko」の出版記念即売会&サイン会
・パンダ絵日記の原画展
…「#tbk_yuko」にもいくつか収められている、Yukoさん(パンダ)の日常が綴られた絵日記(原画)を展示します。
・Yukoさんおすすめ本
…Yukoさんが闘病中に読んだ躁うつと乳がんについての本をご紹介。

YukoNexus6(ゆうこ・ねくさす6)

遠足家、テレビ廃人、サウンドパフォーマー。 DJ、クロッキーモデルなど承ります。
1964年大阪生まれ。90年代よりフリーライターとして活動。95年に西海岸のチラシ文化を紹介した「FLYERS California」(ぶなのもり)、macで音楽するためのレシピ本「Cyber Kitchen Music」(翔泳社)を刊行。同時に、パフォーマンスや音楽活動も始め、現在に至る。フィールドレコーディングや人々の声、言語、朗読などを愛する。
受賞歴:ソロCD「Journal de Tokyo」(sonore.com)にて 2003年度アルス・エレクトロニカ、デジタルミュー ジック部門 Honorary Mention
2013年11月に乳がん告知を受け、抗がん剤治療後2014年4月に左乳房全摘手術。2019年4月までホルモン治療中。
2019年2月、自らの乳がん体験や精神疾患を綴ったビジュアルブック「#tbk_yuko」をぶなのもり(bunanomori.jp)より刊行。http://www.yukonexus6.com

 

フェイスブックページ

https://www.facebook.com/events/235748534046480/


「The Absence of Two」トークイベントありがとうございました

すっかり遅くなってしまいましたが、先日2月11日月曜日は、吉田亮人写真集「The Absence of Two」出版トークイベントでした。たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

吉田さんが写真家となっていったおかしくもどこか数奇な経緯、最初の写真集「Brick Yard」をワークショップ形式で手製本したこと、写真はもちろんその制作過程にストーリーを見出し、吉田さんをサポートするようになったという堀部さんの視点などもまじえ、「The Absence of Two」へ至るまでの作品づくりについて、堀部さんがじっくり聴き出してくださいました。本書が、吉田さんの作品づくりのなかではすこし特異な位置付けを占めるものでありながら現在までの集大成でもある、ということが浮かび上がってくるお話でした。

長い時間をかけた写真集「The Absence of Two」の編集、私家版111冊を誰の手も借りずひとりで手製本するという途方もない作業、そうして最後に自分だけの火葬をしたことで、ようやくふたりの葬いができたということなど、今回の青幻舎版写真集の完成までをめぐる大切なお話が伺えました。
吉田さんのおばあさんといとこの暮らしというとても個人的なことをテーマとしながら、この写真集が多くの人に求められる物語になっているのは、写真集をつくる過程がふたりの最後に徹底的に向かい合った軌跡と重なるからこそなんだと思いました。

「写真集はそれぞれが読んで感じるように受け止めればいいと思う」という堀部さんの進行で、写真集の深いテーマを掘り下げるというよりは、吉田さんの真摯でやさしい人柄が伝わる、なごやかなあたたかい時間になりました。
それでも、大切なひととの別れは、多くの人が経験しているし、あるいは、いずれは経験するだろうという避けられない予感のなかでわたしたちは生きているということを感じる時間にもなりました。

写真集「The Absence of Two」、弊舎入荷分売り切れてしまいましたが、引き続き入荷をさせてもらえたらと出版社さんにお願いしているところ。もっとたくさんのみなさんにお届けできたらと思っております。また、吉田さんのブックサイニングツアーはまだ続きます。みなさまぜひです。