うかつな金環日蝕

一昨日、隣のおばあちゃんに、
「あんた、太陽みるめがねやら持ってるか?」
と訊かれました。
そこで気がつきました。金環日蝕がもうすぐってことに。

おばあちゃんよりも日蝕アンテナの低いわたしがそんなめがねを持っているはずがなく、
そういえばベルロードのセブンイレブンに売っていましたよと言ったら、
その十数分後、「ありがとー買ってきた!」
というおばあちゃんの声。
おばあちゃんはやい!行動めっちゃ早い!

それにならって、昨日、酔っぱらいながら歩いて件のセブンイレブンへ行きましたが、めがねは売り切れ。
残念でしたが、酔っぱらったわたしは、めがねのことを忘れ、ねました。

で、今朝。
朝5時半頃から起き出してなにやらいろいろごそごそしていたのに、
日蝕のことなどすっかり忘れてました。
なんか今日は変なかんじするなー、
窓にマジックミラーついてるみたいに光が…
とかおもったところで、気がつきました、金環日蝕ってことに。

裏庭に出たら、おばあちゃんがひとりでベンチに座って、めがねをかかげています。
おばあちゃんのめがねで、見れました、金環には間に合わなかったけれど、金環後の日蝕。

あのめがねをかけると、他のものみんな暗くなって、宇宙気分ですね。
めがねに宇宙の模様ついてるし。

影でもあそびました、紙に針で穴を開けて写してみたところ。

日蝕めがねで光を反射すると、日蝕形の光で反射しました。

晴れてよかったですねーとあばあちゃんに言ったら、
「ほんまやで。
おたくらはええけどな、
もう次の日蝕なんて言うたらわたしらしんでるわ。
もし今日が雨だったら、棺桶にこのめがね入れてって言ってたんよ、
そしたら次の日蝕あの世で見れるやろ」
というおばあちゃんの名言。

おばあちゃんの家からは大音量で日蝕ニュースのテレビの音が。おばあちゃん日蝕を満喫してました。
たのしいですねえ。

みんな朝から宇宙のことを考えた日でしたね。

うかつな舎員Mの金環日蝕記でした。

コメントをどうぞ

「おなみだぽいぽい」後藤美月 絵本原画展〜ねずみなげたみずのおと篇〜

絵本「おなみだぽいぽい」(ミシマ社刊)の原画を展示します。

原画には、後藤美月さんのこれまでの日々が、層になって重なっています。

今回は、彦根の城下町にある3つの本屋さんで開催。

後藤美月さんがそれぞれの本屋さんをイメージして描き下ろしたイラストの原画も展示します。

また、今回のためのグッズも少々ご用意しています。

ぜひご覧ください。

 

- – -

 

●会期:2018.12.1(土)-12.11(火)

※会期中 水・木休み

 

●会場・営業時間

・& Anne(彦根市中央町4-35)10:30-18:00

・半月舎(彦根市中央町2-29)11:00-18:00

・MITTS FINE BOOK STORE(彦根市本町2-2-44)11:00-17:00

3つの本屋さんをめぐってね。

展示期間中、スタンプラリー開催!3つ揃ったら、おなみだ的スーベニールをプレゼント!

 

●トークイベント

ぽいぽいおはなし会「かえるのめ、ねずみのくち、ぱんのみみ、」

め、くち、みみがはたらく話。おやつあります。はなをきかせてきてね。

細馬宏通(滋賀県立大学教授)×ごとうみづき

日時:2018.12.1(土) 15:00-16:30(14:30から受付)

会場:&Anne

参加費:1,500円(おやつ付)

定員:20名

 

客も主も、詩人と座談会「朗読をキライにならナイト」

客も主も、詩人と座談会「朗読をキライにならナイト」
- – -
日時 | 11/23(金・祝)19:00-21:00(18:30開場)
出演 | 桑原滝弥/チャーリー・ホッパー/八男
会場 | 半月舎 (滋賀県彦根市中央町2-29) http://hangetsusha.com/
お問合せ・申込 | mikoshiba@hangetsusha.com
- – -

2年前、キッチンミノルさんとの共著「メオトパンドラ」出版イベントでお越しくださった詩人・桑原滝弥さんが、ふたたび半月舎へ。
今回は、お客さんも、主(=半月舎員)もみんなで朗読をしてみましょう、そんな試み。
じぶんの好きなことばを持ち寄って、読み上げる、そんなひととき。
朗読をキライになるのか、ならないのか?そんな未知なる夜。
みなさまのお越しをお待ちしております。

以下は、滝弥さんが寄せてくださった文です。この文章を読めば、催しの詳細が明らかに。

- – -

こんにちは。この度のイベント「客も主も、詩人と座談会 朗読をキライにならナイト」に出演する、詩人の桑原滝弥と申します。
ふだんは東京に住んでいて、一年を通して日本全国(ときどき海外も)を旅しながら、お客さんの前で詩を朗読して生きています。
滋賀におじゃまするのは自分の本の出版イベント以来二年ぶりになるのですが、そのときの会場が、今回もお世話になる半月舎さんでした。
彦根にお住まいの方はご存知のことと思いますが、半月舎さんは、古本とデザインをあつかう、小さなお店。
ぼくにとっては一言で言えば、はじめて店内に足を踏み入れたときに大袈裟ではなく 一目惚れした 、そんな場所です。
店主の御子柴さんの暖かさと鋭さを併せ持ったようなお人柄と、イベントのためにご用意していただいた特製かす汁とおにぎりの美味しさ、そして何より、自然の一部とでも呼びたくなるような、本棚をはじめとした空間の心地よさ。
ああ、ここで、いろんなひとの言葉・声・息遣いに耳を傾ける、そんな朗読会ができたらいいなあと、実はそのときから勝手に夢想していたのでした。
今回、地元の雄である詩人の八男さんと、名古屋在住の絵描きでもある紙芝居パフォーマーのチャーリー・ホッパーさんという、最高の共演者に恵まれて、二年越しの念願が叶って、このイベントを開くことができる運びとなりました。
どうかみなさん、気楽にあそびにいらしてくださいね、そして気が向いたら、オープンマイクにエントリーして、あなたの好きな言葉を、あなた自身の声で、あなたが生きている いま に、響かせてみてください。
うまく詠む必要はないですし、大きな声じゃなくてもかまいませんし、恥ずかしかったら座ったまんま、うつむいたまんま詠んでいただいてもかまいません。
なまっていても、どもっていても、かみかみでもいいじゃないですか。ただしい朗読なんて、くそくらえです。
詠みたいテキストがないよ、という方は安心してください。半月舎さんには売るほど本がいっぱいありますので(笑)、本棚から何か探してみるのも面白いかも知れません。
ぼくや八男さんやチャーリーさんも、皆さんに楽しんでもらえるパフォーマンスとは別に、当日半月舎さんにある本のなかから、何か朗読しようとおもっています。
それぞれのいまがあふれて、いろんな声が交ざり合い、どんな心の行間が浮かび上がってくるのか。
よくわかりませんが、よくわからないことを楽しみ合える、そんな夜をつくれたらいいなと願っています。
流れつづけ、乱れつづけ、傷つきつづけ、それでも愛しつづける、言葉のように。
皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。

桑原滝弥

11月のおしらせ

冬の足音が近づいておりますね。
今月もちょっと遅くなってしまいました。11月の半月舎カレンダーです。
来月1日からはかえるの学校・絵本の時間でもとりあげた、後藤美月さんの「おなみだぽいぽい」(ミシマ社刊)の原画展を、&Anneさん、mitts fine book storeさんと一緒に開催です。お楽しみに!

- – -

●~11/4(日)11:00~19:00 ※会期中 水・木休み
[ マメイケダ個展「彦根の飲食店」 ]
地元の店、そうじゃない店、
別にそういうことじゃない店
かたよった彦根案内
於:半月舎・The Good Luck Store

https://www.facebook.com/events/538738303251519/


●9日(金)19:00〜21:00
[ SPIRIT FEST 出店 ]
テニスコーツ+ノーツイスト×仙石彬人による超Fridaynight!
会場:ダンスホール紅花(彦根市彦根市河原2丁目8-3)
料金:¥2,800(予約不要、飲食持込可能、学生無料)
※イベント出店のため、店舗は17:00に閉店します。

●8日(月・祝)18:30~21:00
[ 脳天majikick 出店 ]
テニスコーツinダンスホール紅花3EVENTのシメにmajikick!
於:ダンスホール紅花(彦根市彦根市河原2丁目8-3)
料金:予約¥2,500・当日¥2,800(予約不要、飲食持込可能、学生無料)

●15日(木)18:00~22:00ころ
[ 半月ワインバーNOV.2018 ]
ワインショップThreeeさんとほそぼそやっている半月ワインバー。
今月もスパイス料理をご用意してお待ちしております。
於:半月舎
料金:キャッシュオン

●23日(金・祝)18:30open / 19:00start
[ 客も主も、詩人と座談会「朗読をキライにならナイト」 ]
詩人・桑原滝弥さんが、名古屋の紙芝居パフォーマーのチャーリー・ホッパーさん、米原の詩人・八男さんとともに、ふたたび半月舎にお越しくださいます。朗読をキライになるのか、ならないのか??そんな夜のひととき。舎員もすきな文章を詠んでみようかなと思っております。
於:半月舎
料金:¥500

◯25日(日)11:00〜16:00
[ はじっこパンまつり & CENTRAL FLEA ]
彦根の商店街の冬の恒例行事・えびす講のはじっこで、ふたたびのパン祭りと蚤の市・CENTRAL FLEA開催!
於:半月舎・The Good Luck Store前あたり
入場無料

●12/1(土)~12/11(火) ※会期中 水・木休み
[ 後藤美月「おなみだぽいぽい」原画展」 ]
ごとうみづきさんの絵本「おなみだぽいぽい」(ミシマ社刊)の原画展と関連作品の展示会を、ご近所の本屋さんと一緒に開催します。初日の12/1には&Anneでトークイベントも開催。ごとうさんの原画を見て、お話を聞ける貴重な機会、ぜひお見逃しなくお楽しみください。
於:半月舎・& Anne・mitts fine book store

- – -
お問合せ・お申込み 半月舎
0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com
- – -

マメイケダ展「彦根の飲食店」

マメイケダ展「彦根の飲食店」

地元の店、そうじゃない店、
別にそういうことじゃない店
かたよった彦根案内

2018.10.19(金)-11.4(日)
11:00~19:00 ※会期中 水・木休み
The Good Luck Store(彦根市中央町2-30 / 0749-20-9529)
半月舎(彦根市中央町2-29 / 0749-26-1201)

マメイケダさんと、わたしたちがよく行く彦根の飲食店に行きました。ガイドブックに載るようなお店はすくなく、訪れたほとんどの店は、地元のひとなら「あの店ね」とにやりとしてしまうような、かたよった彦根案内です。
マメさんは、席について落ち着くと、紙と鉛筆を取り出して、さらさらと店の風景を描きました。それを見ながらビールを飲んだりお話したりするのは、なんともいい時間でした。
そしてマメさんは大阪に帰って行き、たくさんの食べ物の絵を描いてくれました。

マメイケダ=プロフィール
画家・イラストレーター。1992年島根県出雲市生まれ、大阪在住。惣菜・仕出しの会社を経て、2014年頃から独学で絵を描き始める。食べたごはんと見た風景をよく描いている。各地で展覧会を開催。作品集に『味がある。』(誠光社)、『ふうけい』(iTohen press)。主な仕事に『ウマし』(伊藤比呂美著・中央公論新社)『帰ってきた日々ごはん③』(高山なおみ著・アノニマスタジオ)などの装画。主な受賞にHBファイルコンペVol.27仲條正義賞。福永信の弟子。

トークイベント「マメイケダのめぐった彦根の飲食店」
ゲスト:細馬宏通a.k.a.かえるさん(滋賀県立大学教授・ミュージシャン)、福永信(小説家)
マメイケダさんと、彦根在住の細馬宏通さんと、マメさんの師匠?である小説家・福永信さんによる、本展を振り返る鼎談です。かえるさんによるミニライブ付き。
日時 11.4(日)17:00~おなかがすくまで
会場 The Good Luck Store
料金 1,000円(マメイケダさんの彦根マッチつき)
定員 25名

ついに発表!ひこねウモレボン市2017俳句大賞

昨年9月16日に開催しました一箱古本市「ひこねウモレボン市」関連企画として、俳句を募集しました。
「一箱におさまらないきもちを俳句に詠んでみませんか。おとなも子どもも自由に気楽に、17文字の小さな創作を楽しみましょう」と呼びかけたところ、37句の投句がありました。たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました!

テーマは「ひこねと本」。
応募のみなさんには、「ひこね」についてのみ、「本」についてのみ、あるいは両方とも、俳句に詠みこんでいただきました。
一年以上も間があいてしまいましたが、厳正な審査の結果、一位入選された3首と次点入選された4首をここに発表いたします。

審査員は次の皆さんにお願いしました。
杉原正樹さん(北風寫眞舘 代表) 川上洋平さん(ブックピックオーケストラ 代表) 近藤紀章さん(とんがるちから研究所 代表)

●1位入選
夜長月 置いてきた本 引っ越しで (山田久美子)
栞かと古書に葉の落ついろは松 (文平)
背表紙をさす指ささくれ風立ちぬ (古本はな子)
●次点入選
たちばな号 足日、鳩十 二週間 (ソミドラセール店主)
松原の木陰でひとり 本とお茶 (まる)
本抱いて うたた寝の夏 祖母の家 (まる)
本運ぶ汗垂る頬に堀の風 (文平)

総評:季語の勉強をしましょう。また、もっと推敲を重ねましょう。「ウモレボン」を秋の季語として全国の人に認められるようにがんばりましょう。(杉原)

入選されたみなさんには後日ささやかな記念品をお送りします!
ほかにもたくさんのすてきな句がありました。ご応募いただき、ありがとうございました!

すてきなカップアンドソーサとまるいお皿のある古本屋

9月28日、台風接近の予報が出ているとは思えない、今日はよい天気の彦根です。
週末は、ウモレボン市と同じ護国神社で開かれる予定だった「神社酒場」に行くつもりだったのに、11月に延期だそうで残念。

さて改装してから店はとても居心地がよく、改装してほんとによかった〜と思っていながら過ごしている舎員であります。

店の窓辺にはすてきなカップアンドソーサとまるいお皿がやってきました。すこし古いものですが、わりあい丈夫そうで、使い勝手もよさそうなものばかりです。お値段も数百円と手頃ですので、早いものがち!ぜひ見に来てくださいね〜

かえるの学校「おさるのジョージと星のみかた」、ありがとうございました。

昨日9月16日は、かえるの学校 絵本の時間「おさるのジョージと星のみかた」でした。

著者のハンス・レイ、マーガレット・レイ夫妻のバイオグラフィ、とくにハンスが従軍した第一次大戦、夫妻でナチスから逃げた第二次大戦での経験についてなどを先生の解説を聞きながら見ていくと、「ジョージ」に描きこまれた自伝的な側面や、独自の線で星座をむすんだ「星を見つけよう」にまた違った味わいが感じられました。

先生、お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!
来月の開催は未定。またお知らせいたします〜

第8回 ひこねウモレボン市開催決定!

今年も開催します!
一箱古本市「ひこねウモレボン市」。
今年も護国神社さんで、みなさんをお待ちしております〜!

《追伸》前回募集した俳句の結果も近日発表いたします!1年もお待たせしましてすみません!お楽しみに!!!

 

***

■ウモレボン市とは…
自宅に埋もれている本たちはつぎの出会いを待っています。
昔は愛読していたけれどももう読まないかなーと思う本、増えすぎた蔵書、ご家族の本…などなど、そんな本たちをひとつの箱につめこんでそれぞれ持ち寄るマーケット。それが、ひこねウモレボン市です。

東京の不忍ブックストリートで始まった「一箱古本市」は、本好きの人々がそれぞれに持ち寄った古本を販売する、フリーマーケット形式の古本市です。
当日はパンやおかし、飲物などのお店も出店。古本と一緒にお楽しみください。

■開催概要
日時:2018年10月13日(土) 10:00~16:00
場所:滋賀縣護国神社境内(今年は、晴れでも雨でも本殿で開催します!)

■出店について
基本的にだれでも出店することができます。

【募集要項】
出店料:半畳(90cm×90cm)スペース500 円
※1出店につき、最大1畳(180cm×90cm)まで借りられます。
※出店料は当日受付にてお支払いください。
※出店場所は先着順で割り振ります。当日受付で場所をご確認下さい。
出品物:古本+その他も可。ご相談下さい。
定員:20 店舗(先着順)
申し込み締め切り:10月6日(土)
→ 過ぎても募集している可能性ありです。お問い合わせください!

【出店参加にあたって】
・雨天中止の場合あり、中止の場合は当日7:00までにご連絡します。
・出店者用駐車場はご用意しますが、1店につき、1台でご利用下さい。
・追加補充分含め、本の在庫はどれだけ持参しても構いませんが、
借りた分のスペース内で展開してください。
・搬入・搬出は各自で、当日の販売も各自の責任で行うようにしてください。
・搬入時間は8時から9時までとし、10時までには出店準備を完了させてください。
搬入方法、場所の詳細については、出店者に後日連絡させていただきます。
・屋号の分かる看板と敷物については、用意しますが、自前のものを使用することも可能です。
・その他飾り付け自由です。テントやパラソル、テーブル等必要な場合は各自準備下さい。

【申し込み方法】
下記7項目を明記の上、メール・電話、もしくは下記住所へ直接申し込みください。
●メールアドレス→umorebon@gmail.com
●住所→〒522-0081 滋賀県彦根市中央町2-29 半月舎
電話→0749-26-1201
担当:御子柴(ミコシバ)

1.お名前
2. 屋号
3.郵便番号・住所
4.メールアドレス
5.電話番号(緊急連絡ができる携帯電話でお願いします)
6.スペース:半畳(90cm×90cm)/1畳(180cm×90cm)
7.出店者のプロフィール、品揃え、意気込みなど
自己PR を100 文字以内でお書きください。(ブログやフェイスブックなどでご紹介するときに使用させていただきます)

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

かえるの学校 絵本の時間「おさるのジョージと星のみかた」

かえる先生こと細馬宏通先生(滋賀県立大学教授)と一緒に一冊の絵本についてじっくり考える「かえるの学校 絵本の時間」。
今回のテーマは、マーガレット・レイとハンス・レイ夫妻による「おさるのジョージ」、そして科学絵本「星座を見つけよう」です。

現在美術館「えき」では「おさるのジョージ展」が開催中。絵本原画やスケッチほか、貴重な資料が間近で見られるそうです。この機会にぜひあわせて楽しみたいところ!みなさまのお越しをお待ちしております〜

「おさるのジョージ」のレイ夫妻にはもう一つ「星座を見つけよう」という名作があります。
ところが、この本の星座は、天文図鑑に載っている星座とちょっと違います。どうしてこんな星座になっているのでしょう。絵本そのものの魅力とともに、レイ夫妻のものの見方について考えていきます。

日時:9月16日(日)10:00-12:00(9:30開場)
会場:ほっこりカフェ朴(彦根市尾末町1-59 護国神社境内)
定員:20名(小学生以下無料)※予約制
料金:おやつ・飲み物つき一般1,500円、学生1,000円(小学生以下のお子さんのご参加など、おやつ・飲み物セットのみご注文の場合はプラス500円、お申し込み時にお知らせください)
お申し込み:半月舎 0749-26-1201 / mailto:mikoshiba@hangetsusha.com

朴さんのおやつと飲み物のセットも毎回とってもおいしいので、ご期待くださいませー!

※この日は護国神社境内で「ひこねで朝市」開催中!お買い物もお楽しみください!

かえるの学校 絵本の時間 「おなみだぽいぽい」

かえるの学校15時間目 絵本の時間 「おなみだぽいぽい」

かえる先生こと細馬宏通先生(滋賀県立大学)と一緒に一冊の絵本についてじっくり考える「かえるの学校 絵本の時間」。

今回は、ごとうみづき著「おなみだぽいぽい」。2017年にミシマ社から発行された、イラストレーター・ごとうみづきさんの初めての絵本です。

「授業で先生の言うことがわからなかった『わたし』は、誰もいない場所で泣いていました。かくしておいただいすきなぱんのみみも、今日はのどがつまって、うまく食べられません。涙のしみたぱんのみみを、わたしが天井の穴にむかって投げると……。」

お話はもちろん、塗り重ねられ、描きこまれたイラストもとてもすてきです。

泣きたい気持ちに寄り添う名作、まだ読んだことがない方もぜひ。

(半月舎でもご覧いただけます。販売もしておりまーす)

日時:7月15日(日)10:00-12:00(9:30開場)
会場:ほっこりカフェ朴(彦根市尾末町1-59 護国神社境内)
定員:20名(小学生以下無料)※予約制
料金:おやつ・飲み物つき一般1,500円、学生1,000円(小学生以下のお子さんのご参加など、おやつ・飲み物セットのみご注文の場合はプラス500円、お申し込み時にお知らせください)

お申し込み:半月舎 0749-26-1201 / mikoshiba@hangetsusha.com

朴さんのおやつと飲み物のセットも毎回とってもおいしいので、ご期待くださいませー!

※この日は護国神社境内で「ひこねで朝市」開催中!お買い物もお楽しみください!